keepr’s diary(本&モノ&くらし)

ネット、読書、音楽、散歩が趣味のおじさんです。趣味、商品、暮らしの疑問、感想を思いつくまま綴ります。

【コラム】あの日に戻りたい、秋の夢

f:id:keepr:20221005155704j:image

切ない夢を見た。

昔両想いだったが結局発展しなかった同僚の女性や職場の仲間たちと旅先らしき道を歩いていて、目的地に着けば解散するのがわかっている。時間はもうあまりなくて、話したいことがあるのに話ができない。次はいつ会えるのかわからないのだが、思うようにいかず情けなくもなる。

目覚めて、ああ、あの頃に戻れれば!となんともやるせなかった。

 

恋愛ではなく、何か告げなければならないのに、うまく話せなくて時間切れという経験は数多いので、そんな経験が夢に現れたのだとも思う。

好きな人との間でもそんな状況があったはずだ。具体的に何だったかなかなか思い出せないのだが、若い時の切ない感情を追体験していた。あの頃に戻りたいかと聞かれれば、間違いなく戻りたいと答える。

自分に自信がなく女性に臆病だったから、さほどの経験ではないが、好意を寄せられたことは何度があった。でも傷つくのが怖くて知らん顔をしていた。今考えればなんと情けなくMOTTAINAI

 

過ぎ去った時は二度と戻らないが、その記憶があるだけ幸せなのか。秋が来るとそんなことを考えてしまう。

今日は夕方には気温が12度まで10度近く下がるという。深まる秋の午後である。

 

プライバシーポリシー 免責事項