keepr’s diary(本&モノ&くらし)

ネット、読書、音楽、散歩が趣味のおじさんです。趣味、商品、暮らしの疑問、感想を思いつくまま綴ります。

【本の感想】望月 諒子「殺人者」


殺人者(木部美智子シリーズ) (集英社文庫)

あらすじ

15年前の未解決アベック当て逃げ殺人事件の関係者が次々に殺害される。被害者は木部美智子が小説家になろうと滞在した旅館の地区の高校の出身だった。その残虐な手口から性的暴行への怨みの殺人として被疑者が浮かび上がるが...フリージャーナリスト木部美智子シリーズ第2作。

目次

  • プロローグ――池のほとり 
  • 第一章 事件 
  • 第二章 捜査 
  • 第三章 容疑者 
  • 第四章 新たな犠牲者 
  • 第五章 奪われた腕時計

感想

木部美智子シリーズで一番面白い

望月諒子の木部美智子シリーズは著作順に「神の手」「殺人者」「呪い人形」「腐葉土」「蟻の棲み家」の5作があるが、5作目の「蟻の住み家」が面白かったのでシリーズを読み始め、特に意味はないが、この作品が最後になった。

本作はシリーズ2作目だが、感想としてはシリーズで1番面白かった。「蟻の棲み家」よりも面白い。

最初のエピソードで木部美智子がジャーナリストとしての自分に疑問を感じて、旅館に篭もり小説家になろうとする姿がなんだか微笑ましい。文章を書くのが好きな人が、一度は小説家に憧れる気持ちはよく分かる。そして、虚構の世界を組み立てて行く小説家の凄さと自分の隔たりを知り絶望するのが常だろう。

ストーリーはエピローグの1人目の殺人から、残虐な方法での2~3人目の殺害、精神障害の容疑者の自殺の後、1人目の遺体発見、発端の事件の主犯の家族の殺害へと発展していく。

 

犯人への共感

たびたび書いているが、自分は推理小説ではもつれあった糸と糸がほぐれていく過程、別々に捜査されている事件が結びつく瞬間、謎が直感的に解明されるきっかけなどに惹かれ、心が踊る。

この作品では、調べていた事件で同窓会の名簿にある人間の名前を発見する瞬間がそれである。

また、発端となる事件は、最近のミステリーや現実の事件のようにものすごく残酷、凶悪であるとまでは言えないが、ささやかな幸福を壊された心の痛みと虚しさは想像するに余りある。

だから、冷静に考えれば、そこまではやりすぎてはと思える復讐も何となく受け入れてしまう。

もうひとつ、この作品で引かれるのは、いい意味でも悪い意味でも、犯人の躊躇いのない爽やかさだ。

木部もその人のそうした人間的な魅力に惹かれ親しくなるが、最後は糾弾すべく記事を書く。

そして最後の結末は…これは読んでみてください。

読みながら感じたこと

このシリーズでは事件に対するマスコミの姿勢や記者同士の繋がりが興味深く描かれるが、本作ではフロンティア編集帳の真鍋、知り合い記者の久米、新米の地方紙新聞記者の清水など、マスコミの中には様々な立場と考えがあることが上手く描かれている。

警察との関係では、この作品では珍しく記者を尊重してくれるベテランの渡辺警部が相手になっているので、2人のやり取りはギブアンドテイク、ストレートで気持ちが良い。

「木部さんですか」 渡辺警部はそう言いながら、一瞬驚いた顔をしたが、やがてすぐにそれは苦笑いとなった。(本作品より引用。以下同じ)

 

躊躇いのない車の発信音から美智子が親しみを感じた家庭教師の雪江は涼やかでためらいのない女性だ。彼女の描写も心地よい。

相手にわかるように話すには、相手の知識量を把握して、相手の理解できる範囲で応えることが必要だ。彼女にはそれが出来た。 
情報の抽出、整理が早い。そして態度が崩れない。相手の瞳を覗き込み、よく聞き、こちらの聞きたいことをよく捕らえ、こちらの感情に無頓着だとも思えるほど率直に答える。
(中略)しかし、表情にはあどけなさが残り、口調にはちょっと色気があるものだから、不快に感じる刺や毒を感じない。 
すっきりとした呑み味の飲料水のようだ。 
そう言えば、やっぱりあの運転に感じたのと同じ感触だ。


ストーリーの最初の方で美智子が書き、編集長の真鍋が絶賛した犯人像の記事。その中で、社会文化的な女性像と本来の生物的本能のギャップに触れているが、興味深い(事件については分析は間違っていたのだが)。

本質的に女性が女性であろうとすることと、文化的に女性が解放されようとすること。社会の発展と個人の幸福感が根っこのところで通じ合わない。そういう文化観というのは、知的刺激としては面白いと思いますよ。

 

物語から外れるが、20~30年前にはひとつの学説であったジェダー論が欧米を中心に世界的、公的に採用されているが、疑問点も多い。

「人権」に熱心な朝日新聞では、最近多い「性暴力」の特集記事(2022.2.17)で、女の子が男の子の求めに対し2人の関係を壊したくないので断れなかったことを「性暴力」、男の子が女の子の手を握ったり体に触れようとするのをなんと「DV」と書いているで唖然とした。

女性の性的欲求を有耶無耶にして、人間の「種の保存」という本能を汚いもののように語るのにはどうもついていけない。これでは少子化は止まらない。世の中がますます独善的で狭隘な方向に進んでいる気がするが、どうすればいいのだろうか。

閑話休題

 

木部美智子シリーズについて

木部美智子シリーズ5作を読んでみたが、個人的には、最初に書いたようにこの作品と「蟻の棲み家」が際立つ。

「神の手」は観念的すぎる。「呪い人形」は面白いが、犯人の設定や動機が少し非現実的かも。「腐葉土」は2作に準じて面白いが、過去の大災害の描写がやや冗長という印象がある。

(著者の他の作品も読んで見たがどうもが作品のバラつきが多いような気もする。だから、何を読むかで著書の評価が変わってしまう。)

本シリーズでは他の多くの推理小説のように犯人が警察に捕まる結末があまりない(というか全くない)。

結局殺人事件ではなかったものがひとつ。その他の作品は結末は読者の想像に委ねられている。そのうち全て読者に委ねているものがひとつで、他の3編は犯人は明らかだが、恐らく逮捕されない。

ある意味、警察が信用されていないのだが、これは作者が神戸出身というところもあるのだろうかと思ったりする。

この作品、好みが分かれるかもしれないが、納得感のある本格的なミステリーで、自分にとっては隠れた大傑作。読後感も悪くない。

おすすめの本です。

 

この作品をおすすめしたい人

  • 記者ものミステリーが好きな人
  • 事件報道のあり方に関心のある人
  • 捻りのある推理小説を読みたい人
  • ノワールミステリ―が好きな人

著者について

望月 諒子(もちづき りょうこ、1959年~)は、日本の小説家・推理作家。愛媛県生まれ。兵庫県神戸市在住。

銀行勤務を経て、学習塾を経営。2001年、『神の手』を電子出版で刊行しデビューする。2010年、ゴッホの「医師ガシェの肖像」を題材にした美術ミステリー『大絵画展』で第14回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。

主な作品

『神の手』(2004年4月)
『殺人者』(2004年6月)
『呪い人形』(2004年8月)
『ハイパープラジア 脳内寄生者』(2008年1月)【改題】最後の記憶(2011年8月)
『大絵画展』(2011年2月)
『壺の町』(2012年6月)
腐葉土』(2013年4月)
『田崎教授の死を巡る桜子准教授の考察』(2014年4月)
ソマリアの海賊』(2014年7月)
『鱈目講師の恋と呪殺。 桜子准教授の考察』(2015年7月)
フェルメールの憂鬱~大絵画展~』(2018年11月)
『蟻の棲み家』(2018年12月)
『哄(わら)う北斎』(2020年7月)

※ 著者、作品の記述はフリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』 望月諒子 - Wikipedia を参考にした。

 

【コラム】比例区の「民主党」「山本太郎」氏 問題


梅雨明けの猛暑が続き、ワイドショーで「猛暑日連続7日」とか、「6月最高気温」とか言っているので、今日も記録が更新されないかと、しようもないことを思ってしまうのは人の性なのだろう。

 

さて、今朝、参院選期日前投票に行ってきた。暑いせいか誰もいなかった。

比例代表制の方に政党名略称の表が貼ってあり、報道されていたように立憲民主党も国民民主党も略称が『民主党』で、本当にそうなんだと笑ってしまった。

どう考えても変だ。民主党の得票は両党の得票に応じて按分されるようだが、そんないい加減なことでいいのかな。政治の根幹である選挙民の意思が有耶無耶にされている気がする。

また、比例代表制では、山本太郎と書くと「れいわ」でなく、同姓同名の候補者を立てているN党の票となる問題もある。嘘のようだが平気で詐欺を働くようで嫌になる。

 

この件、恐らく、国政選挙に出馬する人は一定の常識があるという前提で、選挙管理委員会もこんなことは想定していないのだろうが、実際に変な人が出てきているのだから、性善説は改めるべきでは?

バカバカしく見える「民主党」問題も、実は「立民や国民に投票しようとした票が全く違う政党に行ってしまうことはあってはいけない」と懸念して決めた結論のようで、確かに頻繁に党名をかえる政党があるのだから、考えすぎですよ、とはならない。

略称は衆院選参院選比例代表の投票で用いるため、各党が総務省に届け出る。公職選挙法は、複数の政党が同じ略称を使うことを禁じておらず、区別できない票はそれぞれの党の投票割合に応じて配分される。
 昨年の衆院選では「民主党」と記載された比例票が全国で約362万6000票に上った。立民に約295万8000票、国民には約66万8000票が振り分けられた。
 両党内では「民主党」を使わない案も検討されていた。しかし、立民は両党以外の政党が届け出ることを懸念。泉健太代表は15日の記者会見で「立民や国民に投票しようとした票が全く違う政党に行ってしまうことはあってはいけない」と強調した。

立民、略称「民主党」で調整 国民は反発、再び案分も―参院選:時事ドットコム  より引用

 

こうなると、例えば、政党名に通し番号を付けて、略称の代わりに番号で投票することも一つの方法だと思うのだが。

同姓同名の詐欺まがいの方は、全国的に知名度が高いタレントなどが当選しやすいという今の選挙制度問題も含めて、政党名だけにするとか…


しかし、この件に限らず、今までの常識が通じないおかしな世の中になってしまった。困ったものである。

【テレビ】NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(2022.6.26)

f:id:keepr:20220629113234j:image
巴御前出陣図(東京国立博物館所蔵)

頼朝の死

今週26日、頼朝落馬の回は、非常に見応えがあった。死に恐れ慄く頼朝だが、最後には吹っ切れてすべて受け入れる心境になる。しかし、皮肉にも鎌倉への帰り道で落馬。

その時、関係者に鈴の音が聞こえる演出が秀逸だった。史実では落馬の後床に伏せて亡くなるが、次週は冒頭のナレーションで死が告げられるのだろうか。

今後の物語

これまでも、戦や謀殺で毎回のように誰かが亡くなっていたが、次週以降、バトルロワイヤルはさらに苛烈になっていく。

次は誰がと、年表で整理したら気が重くなった。

事件
1199 頼朝死去
1200 梶原景時の変
1203 比企能員の変、阿野全成誅殺
1204 頼家死去、時政執権
1205 畠山重忠の乱、牧氏事件(時政追放)
1213 和田合戦
1219 実朝暗殺
1221 承久の乱
1224 義時死去
1225 政子死去
1232 御成敗式目

 

現在の主要メンバーの中で、政権中枢のまま天寿を全うするのは、義時、政子と三浦義村大江広元くらいか。

巴御前の重要な役割

前回は大姫が病で亡くなったが、義高との思い出に囚われる彼女に前を向かせたのは巴御前和田義盛とのお笑いも心温まったし、義仲への思いや今の思いを前向きに語りかける表情は観音様のようで神々しかった。

今回も、死を目前にした頼朝が巴に義仲のことを詫びるシーンがあり、頼朝の気持ちが少し浄化されたのかもしれない。ドラマではそういう役割なのか。

 

イチャイチャが微笑ましい和田義盛と巴の夫婦だが、史実では和田合戦まであと14年。二人の別れはどんな形で描かれるのだろうか。今が幸せそうだけに辛い。

 

源平盛衰記』では彼女は出家し91歳まで長生きしたとの記述があり、そうすると承久の変も義時、政子の死後も生きていることになる。

巴御前の生没年は不明だが、仮に木曾義仲と同じ年齢だとしても(実際はもっと年下だろうが)、義時の子である名宰相北条泰時よりもさらに長生きしたことになるのだ。

三谷さんはストーリーのポイントでとても上手く使っているので、巴は最後まで物語を見守るような気もする。

プライバシーポリシー 免責事項