keepr’s diary(本&モノ&くらし)

ネット、読書、音楽、散歩、最近はイラストが趣味のおじさんです。趣味、商品、暮らしの疑問、感想を思いつくまま綴ります。

 【本サイトはアフェリエイト広告を利用しています】

【随筆】古い定期入れ

f:id:keepr:20240304201919j:image

 

家族が貸してくれと言うのでしばらく使っていなかったSuicaを取り出したら、定期入れの端の革が破れていることに気づいた。

 

よく見ると他の部分もところどころ破れていて、元の革の色も分からないくらい黒光りしている。一体何十年使ったのかと呆れる。

 

替わりを探すが、好みの品が見つからない。ネットには似ている製品もあるが、毎日使うものだから、店で現物を見て買いたいのである。

 

地元の本屋さんの文具売り場で比較的好みに近い製品があった。今の製品を出して比べるとよく似ている気がする。革に刻まれた刻印を見ると、今の製品のおぼろげな刻印と同じ。仕様も全く同じである。

 

もう当然売っていないものと思っていたから、心の中で飛び跳ねてその場で購入した。

 

一方、使っていた定期入れはいつ、どこで購入したか気になった。

 

定期券を指でスライドできる形だから、昔の電磁式定期券を使っていた頃に買ったとすると、今のようなタッチ式のSuicaなどが出現する前か。Suicaが2001年、PASMOが2007年の登場なので、少なくとも2007年以前だったのではないか。

 

買った店が思い出せればもっと記憶をたどれるのだが、丈夫なものを買おうと思ったこと、その前は緑色の定期入れだったことくらいしか覚えていない。

 

買った店は、S駅前のキムラヤ、勤務先の近くにあったT産省などの役所の地下の売店、S区のデパート、あるいは地元のIドーのいずれかだったような気がする。もはや定かでないが、夢の中で思い出すことがあるかもしれない。

 

それにしても恐らく15年以上、よく今まで保ってくれたと思う。中身を入れ替え古い定期入れを広告の紙に包んでゴミ箱に入れた。

 

新しい定期入れは多分最後の定期入れになるだろうなと思った。

 

 

レイメイ藤井という日本の老舗オフィス用品メーカーのBLOOMSBURY(プルームスベリー)というブランドの製品です。本当に長持ちしました。


【3/4(月)20:00-11(月)1:59限定★抽選で2人に1人が最大300%ポイントバック★要エントリー】レイメイ藤井(Raymay) ブルームズベリー パス入(ファースナーポケット) ワイン NP8003Z 2面パス入 ファスナーポケット付

ブルームズベリー:レザーグッズ&携帯小物:株式会社レイメイ藤井

【ペイント】アロハシャツのおねえさん


f:id:keepr:20240303110303j:image

 

今日は3月3日のひな祭り。スーパーではひな祭り用のお菓子や寿司が売られていますが、バレンタインのチョコや節分の恵方巻に比べると慎ましい感じです。

 

昔は女性たちのお祭りだったのですが、今は女子会とか普段でも女子だけの会食が一般的になったので、存在感が少なくなったのでしようか。

 

率直に言えば女尊男卑とも思える今の世の中、今さらひな祭りなど、という感じかもしれません。

 

さて先日投稿した絵のバリエーション2つ目です。

 

keepr.hatenablog.com

 

アロハシャツとショートパンツ姿、サーファー風?の格好良いおねえさんになりました。

 

欧米人の女の子風に見えますが、茶髪の日本人女性のつもりです。

 

(覚え)

  • 影は半分位ある方が絵が引き立つことは知っていましたが、影の付け方が難しいので今までは少なめにしていました。影部分多めにチャレンジしました。
  • 前の絵より黒目を少し小さくしたらクールな感じに。
  • 黒目の下を少し空けると涙袋っぽくなり表情が柔和になることを発見。

 

小さな気づきっていいですね。

 

その2


f:id:keepr:20240303110349j:image

 

南佳孝さんの「スローなブギにしてくれ」が頭に浮かびました。

 


スローなブギにしてくれ (I want you)

【コラム】夢が教えてくれたこと

 


f:id:keepr:20240302132604j:image


自分が見る夢というのは大抵後悔、劣等感、不安などの感情が強く、目が覚めた後不快な感じのするものが多いのだが、昨日見た夢の中では珍しく前向きな気づきがあった。


次のような言葉である。

 

  • 「イヤなことは思い出さない方が良い」
  • 「イヤな言葉は言わない方が良い」


夢の場面ではある人が昔のことをクドクドと責めるので、その人に向かって投げつけた言葉だ。


ただ夢の中であれっ、これって実は自分に向かって言ってるんじゃない?と思い、夢から覚めても、これって自分への教訓だなと感じた。


反省は別だが。これができれば人生は明るくなる。

 

  • 「終わったことは(多少不十分でも)やり直さないほうが良い」


何ものかが家に入るといけないので、亡き祖母と一緒に廊下の戸を閉め、幕を降ろそうとするのだが、なぜかカーテンレールにリングをぶら下げる形になっていて、なかなかうまくはまらない。はめるとなぜかカレー粉の缶から粉がはみ出してしまう。


多少順番を間違えるが、終わった後、祖母がもう一度ちゃんとやり直そうというので、もういいよ!と思う場面だった。


自分は文章にしろ絵にしろかなりしつこく推敲したり修正をする質なので、そんな自分への反省として出てきた言葉だと思う。


以上、3つとも、納得感があった言葉なので書き記してみた。

プライバシーポリシー 免責事項