keepr’s diary(本&モノ&くらし)

ネット、読書、音楽、散歩が趣味のおじさんです。趣味、商品、暮らしの疑問、感想を思いつくまま綴ります。

【格安スマホ】Iijmioを使った感想 ~ 最安クラスの料金、豊富で廉価な端末、老舗の信頼感

はじめに~Iijmioを使い始めた理由

自分はずっとAndroidスマホを使っており、1年少し前に、それまで2年ほど使っていた通信会社のDMMモバイルが楽天モバイルに吸収されたので、端末を買い換えようとも思っていたので、いろいろな格安スマホの通信会社(MVNO)を調べてみた。


大手キャリアは、料金が高い上に料金体系がわかりにくく、不信感を持っていたので、選択肢にはない。


端末はHuaweiのP30liteが欲しかったので探したところ、OCNモバイルとIijmioが安く、たまたまOCNが在庫切れだったため、あまり名前は知らなかったが、通信料金も安いIijmioに決めた。

 

Iijmioを使ってみての感想

特段の使いにくさもなく、料金も安いので気に入っている。

メリット

最安値クラスの料金

ともかく料金が安い。この4月に「ギガプラン」ができて料金がさらに安くなった。


以前は音声6Gで2420円の料金だったのが、現在はギガプランの音声8Gで月額1518円(税込)で、大変安く良心価格だ(自分は使っていないがeSIMの料金はさらに安い)。
料金表が一目瞭然で見やすいのも気に入っている。

 

www.iijmio.jp


料金の比較対象となりうるのは同じく低料金の楽天モバイル、OCNくらいで、対象データ量が異なるので一概には比較できないが、Iijmioはほぼ同等かさらに安いといえるのではないか。(以下、現在メインの「ギガプラン」についての説明します。) 

スマホ料金の比較                          
  1G 2 3 4 5 6 7 8 10 15 20 25 無制限
Y!mobile    
シンプルS 2178
            M 3278   L 4158  
UQモバイル    
くりこしS 1628
            M 2728   L 3828  
楽天モバイル 0   1078               2178   3278
mineo 1298       1518       1958   2178    
OCN 770   990     1320     1760        
Iijmio   780   1078       1518   1848 2068    
(eSIM)   440   660       1100   1430 1650    
BIGlOBE 1078   1320     1870              
イオンMOBILE 1078   1298   1518 1628   1848 2068   2398    
                           
ahamo                     2970    
pove                     2728    
LINEMO                     2728    
                           
docomoギガライト(4G.5G) 3465   4565   5665   6765            
ギガホ プレミア4G                         7315
ギガホ プレミア5G                         7205
※ 2021/6/26現在。全て税込価格、音声通話コース基本料金(割引なし)。現在、無料通話は全てオプションになっている。
                         

 

豊富で安いスマホ端末

セット販売のスマホ端末も、格安スマホ会社の中では、選べる機種も多く実質価格も安い。例えば、現在格安SIMフリースマホで売れ筋の「OPPOReno3A」「AQUOS sense4」「Xiami Redmi Note10 Pro」の実質価格を見ると、主要な格安スマホ会社の中で、ほぼ最安値となっている。

端末代金の比較      
  OPPOReno3A AQUOS sense4 Xiami Redmi Note10 Pro
Iijmio 19800円(MNP 8/31まで11800円)+mio会員3000円ギフト券 実質8800円 28585円(MNP 8/31まで9980円)+mio会員5000円ギフト券 実質4980円 32450円(MNP 8/31まで19800円)+mio会員5000円ギフト券 実質14800円
楽天モバイル 39800円+最大25000 実質14800円 - -
OCNモバイルONE 25719円(MNPは12719円) 25685円(MNPは12685円) 25685円(MNPは12685円)
mineo 31680円 39600円 38280円
BIGLOBE モバイル 34056円+20000ポイント 実質12056円 32472円+20000ポイント 実質10472円 34689円+20000ポイント 実質11539円
※ 2021/6/27調べ。セット購入、一括払い代金
     

 

回線のつながりやすさ

回線はDタイプのドコモとAタイプのauを選ぶことができ、自分はドコモ回線を使っているが、何ら問題は感じていない。

データの繰り越し・容量変更など

使い残したデータ量は翌月まで繰り越しできる。プラン変更(例:4ギガプランから8ギガプランへ変更)も可能で、申込日の翌月から適用される。


なお、2021年6月にギガプランに次のサービスが追加されている。

  • データ容量シェア機能 同一契約(同一ID)で保有する複数回線間でのデータ容量のシェア
  • データ容量プレゼント機能 同一契約(同一ID)で保有する複数回線間でのデータ容量の移行
  • 5Gオプション
  • ギガプラン専用追加データ量(クーポン) 1GB/220円(税込)
  • ギガプラン会員専用アプリ「My IIJmio」 無料 6月以降予定

「IIJmioモバイルサービス ギガプラン」において、6月1日よりデータ容量のシェアおよびプレゼント機能を提供開始 | IIJについて | IIJ

 

アプリ

通話料金が30秒11円になる専用アプリ「みおふぉんダイアル」と高速データ通信のON・OFFやデータ使用量の確認などができるアプリ「みおぽん」が利用でき便利だ。

 

その他

細かいところでは、セキュリティがしっかりしていて、利用データなどを確認する専用アプリ「みおぽん」にログインするたびに確認のメールが送られてくる。少しうるさい反面、セキュリティにそれだけ配慮しているのではないかと感じる。

 

デメリット

今のところ、利用していてデメリットは特に感じない。


あえて一つ挙げれば、多少融通が利かない点はある。キャンペーンのキャッシュバックの申請期限を一日遅れ、交渉したが結局ポイントはもらえなかった。事前に注意喚起のメールも来ていたので自分が悪いのだろう。この辺は注意すれば良いことだ。

最安クラスの料金、豊富で廉価な端末、老舗の信頼感 Iijmio

 

ネット上の評価

自分の感想は以上のとおりだが、ネット上の格安スマホ比較サイトの評価をみると、やや上位か中位の評価が多い。


最安レベルの料金も必ずしもそのまま評価されておらず、回線が混雑時間帯に繋がりにくいとの評価もある。


料金については、各社ごとに料金のデータ量が異なるので、評価しずらい点があるのかもしれないし、調査時点が古いのかもしれない。


回線のつながりやすさについては、自分は気にならないのだが、混雑時にはつながりにくいとの声もあるようだ。ドコモ回線の方がつながりが良いとの声もあるので、気になる人はドコモ回線を選べばよいと思う。


老舗だから安心との評価が多いが、セキュリティがしっかりしているのはそのせいかもしれない。

 

いずれにしても、価格については上で書いたようにかなり安いし、端末の品揃え、価格も評価できるので、ネット上の評価にはやや疑問が残る。

 

キャンペーン

かなり割安なキャンペーンをよく行うが、8/31まで「新機能追加!ギガプラン端末割引キャンペーンMNP限定特価!音声SIMとセットでおトク!スマホ税込み110円~」のキャンペーンを行っているのでご確認を。

SIMフリースマートフォン端末ラインアップ|格安SIM/格安スマホのIIJmio

 

まとめ~おすすめポイント

お読みいただきありがとうございました。


Iijmioは料金が安い、端末が豊富で安い、セキュリティが高そうというのがおすすめポイントで、特にeSIMを使う人には大変お得だ。知名度が低いのと、mineoと間違えそうなのは残念なところだ。


もっと注目してよいブランドだと思う。

 

最安クラスの料金、豊富で廉価な端末、老舗の信頼感

IIJmioモバイルサービス

プライバシーポリシー 免責事項