keepr’s diary(本&モノ&くらし)

ネット、読書、音楽、散歩が趣味のおじさんです。趣味、商品、暮らしの疑問、感想を思いつくまま綴ります。

【コラム】「迷惑となるボール遊び」 言葉は難しい。 6/23/2021

100m四方位の遊具がすこしあるだけの公園。先日知人がここで子どもとサッカー遊びをしたらしい。

 

通りかかったらこんな立て札が掲げられている。


f:id:keepr:20210623192509j:image

「迷惑となるボール遊びはしないようにお願いします」

 

あれ?知人はいけないことしていたのかな?

 

たが、よく読むと「迷惑となるボール遊び」を禁止と書いてある。

 

知人の子どもはまだ幼児で、親も強く蹴ったりしないので、迷惑にはならない。だから知人のボール遊びは禁止にはならないのだろうと思う。

 

でも、もうひとつ読み方があり、「ボール遊び」自体が迷惑になるので、遊び方にかかわらずボール遊びを禁止する、と読めないこともない。

 

考えてみた。

 

でも、例えば「黄色い服は嫌いだ」という文は「服は黄色いので嫌いだ」、とは読まない。

 

同じ修飾語なのにこの違いはなんなのだろう。

 

「黄色い」は形容詞。「迷惑になる」は?単なる修飾語かな。よく分からないのでやめよう。

・・・

言葉の表す意味から来る違いなのかも!

 

つまり、服は黄色だけではないということは分かっているので、服は黄色いので嫌いだとは読まない。

 

「ボール遊び」は、人によってはすべて迷惑だと考えることもあるので、「ボール遊び全て禁止」とも読めるのだと思う。

 

うん、この解釈、あながち誤りではないだろう。

 

満足。

 

まあ、書いた人の意図は、誰でもそう思うように、「迷惑になるような遊び方のボール遊びは禁止」ということで間違いないだろうけど。

 

仮に、近隣住民のことも考えて、あえて、ボール遊び全面禁止と読めないこともない言葉使いをしたのであれば、かなりの高等戦術だな。

 

 

 

 

プライバシーポリシー 免責事項