keepr’s diary(本&モノ&くらし)

ネット、読書、音楽、散歩が趣味のおじさんです。趣味、商品、暮らしの疑問、感想を思いつくまま綴ります。

【音楽】矢沢永吉「時間よ止まれ」〜沖縄730


ゴールドラッシュ

 

1978年は個人的にいろいろな転機だった年。初めて親元を離れて、1年間長野で暮らした。引っ込み思案だった自分が共同生活の中で、人と交わり、認められ、少し弾けて、未来の可能性を感じた年だった。

その年の夏、仲間と沖縄旅行に行った。

ちょうど沖縄返還から6年目で、車がアメリカ式の右側通行から日本の左側通行に変更された「沖縄730」の当日だったか、翌日だったか、そんなタイミングだった。那覇空港から市内まで渋滞していたことを覚えている。

南国の開放的な空気の中、夜は仲間とホテルの下のディスコ風の飲み屋(当時コンパと言ったかな)に行き、少し羽目を外したこと。そこで出会った女の子とホテルの部屋で会ったこと。なぜか302号室ということを覚えている。南西観光ホテル。もうないだろうな。

 

ディスコでかかっていた曲が「ステイン・アライブ」「恋のナイトフィーバー」

旅行の前からみんなで聞いていた曲が矢沢永吉の「時間よ止まれ」

 

初めて青春を感じた。

 

沖縄旅行の後みんなと別れて、一人で長崎、平戸に行き、偶然長崎の、確か市内電車の駅かどこかでまたメンバーと出会ったな。

 

輝く未来が待っていると思っていたあの頃。

1978年夏。

でも、あの頃が一番かな。

懐かしく思い出しています。

時間よ止まれ、いや、時間よもどれ!

たまにはそんなこと思ってみてもいいでしょう?もう

 

Amazon Music Unlimitedで聴きながら

Amazonプライム会員(無料体験)はこちら ⇦ 様々な特典とAmazon Music 250万曲が聴き放題 
Amazon Music Unlimited(無料体験)はこちら ⇦ Amazon Music 6,500万曲以上が聴き放題   

(コロナが収まったら行ってみてください)

南西観光ホテル

 

 

 

プライバシーポリシー 免責事項