keepr’s diary(本&モノ&くらし)

ネット、読書、音楽、散歩が趣味のおじさんです。趣味、商品、暮らしの疑問、感想を思いつくまま綴ります。

【本の感想】沖方 了(うぶかた とう)「マルドゥック・スクランブル The 1st Compression ─ 圧縮〔完全版〕」


f:id:keepr:20200629194003j:image

あらすじ

少女娼婦の美少女バロットは、身を引き受けたシェルに焼死されかけるが、シェルの犯罪を追うイースターとネズミ型万能兵器であるウフコックに助けられ、「マルドゥック・スクランブル09法」に基づき、特殊能力のある人工皮膚をつけて再生する。バロットは、高度な電子干渉(スナーク)能力、驚異的な認識能力、身体能力を身につけ、イースター、ウフコックと共にシェルの犯罪に立ち向かうが、シェルはかってのウフコックの相棒で圧倒的な戦闘力を持つボイルドを雇い、バロットを抹殺しようとする…

目次

  • 第1章吸気 Intake
  • 第2章混合気 Mixture
  • 第3章発動 Crank-up
  • 第4章導火 Spark

感想(ネタバレ)

初めて読んだのがかなり前で、確か著者の「天地明察」が話題になる前だと思う。

当時Kindleの作品がまだ豊富でなく、読みたい作品を探していたところ、表紙のイラストに惹かれて読んでみた。中身もかなり濃密な描写があるのがいいです(笑)。

ホットパンツの奥で動き回る男の指を少しずつ濡らしてゆくのがわかった。ブラウスの隙間から差し入れられた手に、少女の呼吸の変化が直接伝わった。少女は黙々とエア・カーの進路設定を入力し続けた。ときおり意図せず小さく呻き声が洩れる様子を男は愉しんでいる。(作品より引用。以下同じ)

 

黒い革製の服を掲げ、自分の体にあててみせた。タイトな上下で、スカートではなく、ショートパンツだった。デスクの上でウフコックがぼんやりそれを眺め、気の抜けた声を返した

 ・・・・・

 

さてこの作品、サイバーパンクというSFのジャンルらしい。

設定も文章も海外のSF小説のようで、最初は内容を理解するのに苦労したが、ストーリ-展開の面白さに引き込まれた。アニメを見ているようで面白い。バロット美少女で強くかっこいいし。

 

特にバロットが目覚めたあと、スナーク能力で電子機器を自在に操る場面や、イースターの行う訓練で驚異的な射撃技術を発揮する場面は、心が躍ってしまう。どうも自分はこうした信じがたい能力の記述を読むとワクワク感が止まらない。自分の力がないせいだね。

 

こうだったらすごいなあと思う期待する方にストーリーが進むのが大好きで、読書の醍醐味の一つ。

 君の電子攪拌の機能適性は素晴らしい。普通は干渉の速度についていけず精神が参ってしまう。電子的干渉をそのレベルで行えた者は、僕が知る限り、過去たった一人で、(中略)。でも君は正常な意識を保ったまま、ほぼ全身を同レベルにまで加速させている

 

 裁判の場面はパロットの生い立ち心の闇が明かされる。現実にもありそうな設定かもしれない。アクションシーンとこのような動きの少ない静の場面が交錯するので、慣れないとちょっと疲れる。

 

 ボイルドに雇われた畜産組合の殺し屋たちは気持ち悪いし、不快。もう少し抑えてよかったかも。好きな人は好きだろうが。

 

結局ものすごい能力に目覚めたバロット。戦う場面は、圧倒的な能力を見せ気持ちがいい。

目の前の少女が、弾丸で弾丸を弾いている。こちらが撃った弾を、彼女が撃つ弾で防いでいる。それも一度ならず二度までも

 この小説は戦闘を楽しむ傾向を見せ始めたバロットに試練を与える。たしかに読んでいて少しやりすぎと思うところもあった。

今までの抑圧を考えると決して無理からぬことだが。

──こんな感じだったんだ。(中略)──男のひとたち、みんな、いつもこんな感じだったんだ

そしてラストでは真の敵が現れ、絶体絶命のビンチに!

「お前は、より多くの虚無を生み出すために造られた。それが、俺たちの存在の結論だ」

この作品はずるい。必ず次の巻買うもんな。

面白いです。

お楽しみに。

第3巻までありますよ!

※ちなみに、登場人物の名前はたまごに関係する言葉だそうです。たしかに、ボイルド、シェル、イースター。ウフコックは半熟、バロットは作品の中に書いてありますね。そう思うと親しみが湧きます。ボイルドも。

 

この作品をおすすめする人

  • 海外のSF小説が好きな人
  • 近未来の戦闘アニメが好きな人
  • エンタテイメント小説が好きな人
  • サイバーパンクが好きな人
  • 沖方了が好きな人


マルドゥック・スクランブル The 1st Compression─圧縮 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)


マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion─燃焼 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)


マルドゥック・スクランブル The 3rd Exhaust─排気 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)

マルドゥック・シリーズ【合本版】 (ハヤカワ文庫JA)

  

著者について

 冲方 丁(うぶかた とう、1977年2月14日 - )は、日本の小説家、脚本家。日本SF作家クラブ会員。岐阜県各務原市生まれ。4歳から9歳までシンガポール、10歳から14歳までネパールで過ごす。1996年、早稲田大学在学中に『黒い季節』で角川スニーカー大賞金賞を受賞し小説家デビュー。早稲田大学第一文学部中退。日本SF作家クラブ会員。『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞、『天地明察』で吉川英治文学新人賞本屋大賞舟橋聖一文学賞、北東文芸賞を受賞、第143回直木賞にノミネートされた。『光圀伝』で第3回山田風太郎賞受賞。小説だけでなく幅広く活動を展開している。

主な作品

マルドゥックシリーズ

シュピーゲルシリーズ

ノンシリーズ

ほか

 著者、作品出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

 


天地明察(特別合本版) (角川文庫)

おすすめ!
kindle 200万冊以上が読み放題。

30日の無料体験で、どんな本が読めるか試せます。月額料金980円、いつでもキャンセル可能

プライバシーポリシー 免責事項