keepr’s diary(本&モノ&くらし)

ネット、読書、音楽、散歩が趣味のおじさんです。趣味、商品、暮らしの疑問、感想を思いつくまま綴ります。

【本の感想】沢村鐵「フェイスレス」(警視庁隅田署刑事課特命担当・一柳美結シリーズ)

f:id:keepr:20200608150456j:image

著者について

沢村 鐵(さわむら てつ、1970年11月11日[1] - )は、日本の小説家。岩手県釜石市鵜住居町出身。
2000年、地方都市の学校を舞台としたミステリー小説『雨の鎮魂歌(レクイエム)』(幻冬舎)でデビューする。

作品

警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結シリーズ

  • フェイスレス - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結(2013年6月 中公文庫)
  • スカイハイ - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結2(2013年9月 中公文庫)
  • ネメシス - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結3(2014年2月 中公文庫)
  • シュラ - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結4(2014年7月 中公文庫)

クラン シリーズ

  • クランI 警視庁捜査一課・晴山旭の密命(2015年7月 中公文庫)
  • クランII 警視庁渋谷南署・岩沢誠次郎の激昂(2015年11月 中公文庫)
  • クランIII 警視庁公安部・区界浩の深謀 (2016年6月 中公文庫)
  • クランIV 警視庁機動分析課・上郷奈津実の執心 (2016年12月 中公文庫)
  • ゲームマスター 国立署刑事課 晴山旭・悪夢の夏 (2017年2月 祥伝社文庫)
  • クランⅤ 警視庁渋谷南署巡査・足ヶ瀬直助の覚醒 (2017年7月 中公文庫)
  • クランⅥ 警視庁内密命組織・最後の任務(2018年1月 中公文庫)

極夜 シリーズ

  • 極夜1 シャドウファイア 警視庁機動分析捜査官・天埜唯 (2019年8月 祥伝社文庫)
  • 極夜2 カタストロフィスト 警視庁機動分析捜査官・天埜唯 (2019年11月 祥伝社文庫)
  • 極夜3 リデンプション 警視庁機動分析捜査官・天埜唯 (2020年4月 祥伝社文庫)

ほか

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

 

あらすじ

大学構内で爆発事件があり教授が殺された。墨田署に捜査本部が設置され、刑事課の一柳巡査は同期の捜査一課吉岡警部補とともに捜査に加わる。爆発現場にいた講師の佐々木たちに事情聴取をするが、予想外の場所で次の爆破事件が起きてしまう。爆発物には国際的なハッカー“C”の名前が記されていた…

 

目次

  •    序曲――王の慨嘆
  • 第一章 烽火
  • 第二章 焙火
  • 第三章 煽火
  •  間奏――王の瞋恚
  • 第四章 烈火
  • 第五章神火
  •  終曲――王の愉楽

 

感想

多彩な登場人物、目まぐるしいストーリー展開と高揚感

この作者と作品あまり知られていないがとてもおすすめの本。

最初は通常の所轄の女刑事もの(主人公や周りの刑事たちの感じは、内藤了の猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子シリーズと少し似ています。)、といった感じで始まりますが、事件が起こり、ストーリーが進んでいくと、展開が目まぐるしく変わります。

 

過去に陰惨な事件に巻き込まれた主人公、人の顔を認識できないが、世界で数十人しか内容が理解できない論文を書く大学講師、謎の中国からの留学生、正体不明の国際的なハッカー、怪しげな警察庁のサイバー部門の責任者など、登場するたびにワクワクする個性的な登場人物たち

 

ストーリー展開は意表をつかれ、話は加速度的にスケールが大きくなってのめりこませていく。

前半の急展開や終盤の衝撃的な事件など、いろいろなものが濃密に詰め込まれたおもちゃ箱、びっくり箱のようなエンターテイメントです。この作者の文章も読み手を煽る感じがします。

エンディングでは大物が登場して、まだ見えぬ敵との対決を予感させるところで終わります。

 

抜群の高揚感があります。比較するのが変ですが、個人的には東野圭吾氏の作品よりこちらの方がわくわくしました。

この本をおすすめする人

ぐいぐい内容に引き込まれていく話なので、どなたにもお勧めできます。
刑事もの、警察小説が好きな方、陰謀ものが好きな方、ワクワクするエンターテイメントが好きな方には特におすすめ。


フェイスレス - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結 (中公文庫)

おすすめ!
kindle 200万冊以上が読み放題。

30日の無料体験で、どんな本が読めるか試せます。月額料金980円、いつでもキャンセル可能

プライバシーポリシー 免責事項