keepr’s diary(本&モノ&くらし)

ネット、読書、音楽、散歩が趣味のおじさんです。趣味、商品、暮らしの疑問、感想を思いつくまま綴ります。

2020-07-27から1日間の記事一覧

【本の感想】谷崎潤一郎「刺青」

あらすじ 江戸の彫り物師清吉は、以前町で見かけて刺青(入墨)を入れたいと思った娘が、芸子の使いで偶然家に訪れた機会に、娘にサディスティックな画を見せるとともに、眠り薬を飲ませ、背中に女郎蜘蛛の刺青を描いてしまう。目が覚め、苦痛の中刺青を見た…

プライバシーポリシー 免責事項