keepr’s diary(本&モノ&くらし)

ネット、読書、音楽、散歩が趣味のおじさんです。趣味、商品、暮らしの疑問、感想を思いつくまま綴ります。

【本の感想】慈雨 柚月裕子


f:id:keepr:20190626110639j:image

内容(「BOOK」データベースより)
警察官を定年退職し、妻と共に四国遍路の旅に出た神場。旅先で知った少女誘拐事件は、16年前に自らが捜査にあたった事件に酷似していた。手掛かりのない捜査状況に悩む後輩に協力しながら、神場の胸には過去の事件への悔恨があった。場所を隔て、時を経て、世代をまたぎ、織り成される物語。事件の真相、そして明らかになる事実とは。安易なジャンル分けを許さない、芳醇たる味わいのミステリー。

 

なんだろう、設定やストーリーは悪くないのに引き込まれたりワクワクするものがなかった。

四国八十八箇所巡りの描写に量をさきすぎ、本題である捜査の方がもの足りない。

また、登場人物の心情の描き方が表面的で足りない気がしました。

数々の作品で受賞した人で、検事の本懐、孤狼の血もよみましたが、同じ感想です。

世間の評価は高いですが、人を選ぶのかな?

 


慈雨 (集英社文庫)

プライバシーポリシー 免責事項