keepr’s diary(本&モノ&くらし)

ネット、読書、音楽、散歩、最近はイラストが趣味のおじさんです。趣味、商品、暮らしの疑問、感想を思いつくまま綴ります。【本サイトはアフェリエイト広告を利用しています】

【コラム】冬の悩み。メガネの曇りとあかぎれ

寒い寒い

ここ数日、冷え込みが激しい。数日前は北風に震えた。
今後の天気予報を見ると最高気温10度位かそれ以下の日もある。

11月は小春日和の日も多かったのに、12月月も後半になるとやはり寒くなる。暦というのは古の人の知恵でよく考えて作ってある。

冬になり困ることがいくつかあるが、とりあえず2つ。

 

メガネが曇る

マスクしているとメガネが曇る。コロナ以前から、鼻のどの保護のため例年冬にはマスクを付けているのだが、コロナでマスクをする頻度が増えたので、困っている。

昨年いろいろな種類のメガネ曇りどめを試してみたが、曇りどめ効果では塗るタイプ、簡単さではクロスタイプが良かった。ただ毎日使うものなので、総合的にはクロスタイプに落ち着いた。

100円ショップで買ったクロスタイプでも効果はそれなりにあり、1ヶ月持つので十分かと思う。

⇩ネットでもいろいろ販売しているので、試してみるのもいいですね!

 

 

手足のひび割れ

手足のしもやけとひび割れ。60歳を過ぎてから、手の指先にひび割れができ、手の甲の指の付け根が霜焼けで悩まされるようになった。先週からは足のかかとにひび割れが発生。重症ではないが、傷に触ると痛いことと毎日薬を塗るのが煩わしい。

 

ちなみに、ひびあかぎれの予防には次のことが効果があるようだ。

  • 水仕事の際はゴム手袋を着用する
  • 皮膚を水で濡らしたら、水気をしっかりふき取る
  • 熱いお湯の使用に気を付ける
  • 保湿ケアを行う
  • 部屋の乾燥を防ぐ
  • 手袋をして外出する


びわれ・あかぎれになってしまったら、予防対策以外に、次のような対策が有効とのこと。

  • 治癒タイプのばんそうこうを使用する
  • 市販の医薬品のクリームや軟膏を使用する
  • オイルを入れたぬるま湯に浸ける
  • 食生活を見直す(ビタミンC、ビタミンE、ミネラルなどの栄養素を採る)
  • 病院に行く

⇩こちらのサイトを参考にさせていただきました。

あかぎれ・ひびわれの症状・原因は?早く治す方法を解説|ばんそうこう・キズパワーパッドのバンドエイド® BAND-AID®

 

個人的には、手をよく拭く、保湿ケア、手袋の使用が、特に合点がいったので、塗り薬のほかに心がけようと思った。

プライバシーポリシー 免責事項