keepr’s diary(本&モノ&くらし)

ネット、読書、音楽、散歩が趣味のおじさんです。趣味、商品、暮らしの疑問、感想を思いつくまま綴ります。

【コラム】防草シートの色


近所で機械で土手の草刈りをやっていて結構うるさい。必要なことなので文句は言わないが、静かになったので見てみると、草を刈った地面を「防草シート」で覆っていた。

 

この防草シート、他の場所でも見かけるが、シートの下は暗くて、蒸れて、臭くて、変な虫や生き物がいそうで、シートをはがした時のことを考えるとなんとなく気味が悪い。大地の呼吸を止めるのもかわいそうだ。

土地の所有者は毎年草刈りをするのは費用、手間がかかり大変なので「防草シート」を使用する気持ちはよくわかるが、自然の地面がなくなり、化学製品で覆われるのも、なんだかなあと思う。コンクリートで固めるよりは復元性もありマシなのだろうが…

 

近所の防草シートは深緑色でこの色が多いようだ。中には黒いものもあるが、これは気分も暗くなりそうで夏は暑そうでいただけない。

深緑色のシートは植物の色をイメージしているのだろうが、草の緑と比べて暗く暗鬱だ。

人工芝仕様にしたりすると違和感は少ないのだが、材料が増えるし、メンテが面倒そうなので却下かも。
※ 個人宅などで、防草シートを敷いてその上に人工芝を敷くことはあるようだ。

 

いっそ、もっと明るい若草色にしたり、草花の絵や写真をプリントした方がいいのではと思う。現実的な話としては、土の色の方が違和感は少ない。

 

閑話休題

「防草シート」はネットでも販売しているようで、業務用、園芸用があるが、やはりダークグリーン色がほとんど。砂利の下に敷く製品だとこげ茶色の地面の色のものもあった。

Amazonでも買えるようで、見た製品ではグリーン、ブラウン、ブラック、リバーシブル(グリーンとブラウン)があるようだ。自分が買うなら多分ブラウンかリバーシブルなのかな。

 

追記)近所の防草シートの工事が終わり、土手が全面深緑色のシートに覆われたら、落ち着いた感じになり、違和感が減った。グリーンもアリですね。

追記の追記)翌日、面の下のコンクリート塀のふちがシートと同じ色で塗られていることに気づきました。それもあり落ち着いた感じで違和感が少ないのだと納得。施工した業者さん、感性がいい。仕事ができる。周囲の仕上げも大事だとわかりました。


f:id:keepr:20220618163029j:image

プライバシーポリシー 免責事項