keepr’s diary(本&モノ&くらし)

ネット、読書、音楽、散歩が趣味のおじさんです。趣味、商品、暮らしの疑問、感想を思いつくまま綴ります。

【コラム】顎が伸びる夢。あの「幻魔」を連想した。


幻魔大戦 全20冊合本版 (角川文庫)

 

常々仲が悪いある家の夫婦が、勝手に玄関を開けてニコニコしている。普段は挨拶もしないくせに。

 

いつも勝気な妻がなぜか何も縮み上がりオタオタしていて何も言えず泣いている。

 

すみません、妻は精神障害だからと言い訳をして、何の用ですかと、自分が出ていくが、相手は笑ったきり。

 

結局、相手は出て行くが、ニヤニヤしながらドアを締めかけた旦那の顎が伸びていく。

 

怖くなり、出ていけと叫ぶが、喉が詰まって声が出ない。声を振り絞ったら、目が覚めた。

 

あの顎が伸びている顔はなんだか「幻魔大戦」に出てくる幻魔のようだと思った。(小説「幻魔大戦」の久保陽子や江田四郎のように)


幻魔大戦 全20冊合本版 (角川文庫)

プライバシーポリシー 免責事項