keepr’s diary(本&モノ&くらし)

ネット、読書、音楽、散歩が趣味のおじさんです。趣味、商品、暮らしの疑問、感想を思いつくまま綴ります。

【Music 私的感想】ビートルズ「Back in the U.S.S.R」〜 今プーチンの脳内を思い、複雑な想いで聴く

f:id:keepr:20220307133147j:plain


ビートルズに”Back in the U.S.S.R”(バック・イン・ザ・ユー・エスエス・アール)という曲がある。おもちゃ箱のようなアルバム「ホワイトアルバム」の中の一曲だ。チャック・ベリーの”Back in the USA”やビーチ・ボーイズの”California girls”という曲をモチーフに、冷戦下のソ連のスパイがフロリダからB.O.A.Cに乗りソ連に戻る喜びをパロディーにして歌った歌だ。

 

 

実験作が多いホワイトアルバムの中ではまとまった曲で、皮肉っぽい歌詞と乗りのいいロックンロールのメロディ、特に”I’m back in the U.S.S.R”の歌詞の後、追いかけるギター・リフレインの爽快感がたまらない。

 

さて、この曲の歌詞の中にウクライナガールという言葉があったのを思い出して確認してみた。

Well, the Ukraine girls really knock me out
They leave the West behind

ウクライナの女の子にノックアウト
彼女たちは西側を忘れさせる

うーん、なんだか今の時期聞くと複雑だ。

 

ソ連が崩壊して世界が平和になると喜んだのが30年前。その後、今度はアラブ、テロ、中国という問題が大きくなったと思っていたら、まさかソ連の亡霊が現れるとは。

I’m back in the USSR.
おれはソ連に戻ってきた

You don’t know how lucky you are boy
どれだけ幸運だかわかってないだろう、ボーイ

Back in the US, back in the US,
Back in the USSR.
とうとう、とうとうソ連に戻ったぜ

 

今や人類の敵となったプーチン氏の頭の中には、”Back in the U.S.S.R”のこのフレーズがヘビーローテーションしているに違いない。

 

 

プライバシーポリシー 免責事項