keepr’s diary(本&モノ&くらし)

ネット、読書、音楽、散歩が趣味のおじさんです。趣味、商品、暮らしの疑問、感想を思いつくまま綴ります。

【コラム】「コロナワクチン陰謀論」など

 

コロナワクチン陰謀論


f:id:keepr:20211213170130j:image

知人にコロナワクチン接種をしないという人がいる。


ファイザーやモデルナのワクチンはmRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンで人の遺伝情報(DNA)に影響を与え、“遺伝子組換人間”になるから打たない、これは陰謀論ではなく真実、ネットでこうした情報が次々に削除されているのはおかしい。塩野義が開発しているワクチンなら安心なので打つ。それまでは待つ。ワクチンは重症化は防ぐが、人に感染させるのは変わらない。だから接種証明とか、ワクチン接種の有無で区別するのはおかしい。」

 

ではすでに8割の日本人の遺伝子が組み換えられているのかと聞くと、そういうことだと。

 

事実誤認が多いようで、やはり陰謀論ですな…


コロナワクチンについては、ICチップが埋め込まれる、放射性物質が入っている等のデマ、不妊症になる、出血が起こるなどの風評もあった。

 

100%確証のある事実などないことは、今までの経験で嫌というほどわかっている。医学についても、今まで常識とされて来たことが実は間違いだったということが数多くあり(例えばコレステロール)、逆に今言われていること(腹囲85cm以上はメタボなど)はおかしいのではということもあったりする。歴史もそうで、子供の頃教わったことが今は違っていることも多い(よくテレビでやっていますね)。

 

また、今までの政府の対応や発表はおかしかったり、間違っていることも皆無ではなく、というか度々あり、自分もどちらかといえば疑ってかかる方だ。

 

だから、厚労省のホームページで、「mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンで注射するmRNAは短期間で分解されていきます。人の遺伝情報(DNA)に組みこまれるものではありません。」と解説していても、鵜呑みにするつもりはない。

 

Q. コロナウイルスワクチンについて、mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンはワクチンとして遺伝情報を人体に投与するということで、将来の身体への異変や将来持つ予定の子どもへの影響を懸念しています。

 

A. mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンで注射するmRNAは短期間で分解されていきます。人の遺伝情報(DNA)に組みこまれるものではありません。
mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンで注射するmRNAは、数分から数日といった時間の経過とともに分解されていきます。また、mRNAは、人の遺伝情報(DNA)に組みこまれるものではありません。身体の中で、人の遺伝情報(DNA)からmRNAがつくられる仕組みがありますが、情報の流れは一方通行で、逆にmRNAからはDNAはつくられません。こうしたことから、mRNAを注射することで、その情報が長期に残ったり、精子卵子の遺伝情報に取り込まれることはないと考えられています。
このような一般的な科学的な知見だけでなく、薬事承認に当たっては、動物試験や臨床試験の結果に基づいて安全性を評価し、審査を行っていきます。

mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンはワクチンとして遺伝情報を人体に投与するということで、将来の身体への異変や将来持つ予定の子どもへの影響を懸念しています。|新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省より引用)

mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンやウイルスベクターワクチンは新しい仕組みのワクチンということですが、どこが既存のワクチンと違うのですか。|新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省

 

ワクチン接種で「遺伝子組み換え人間」にはなりません:朝日新聞デジタル

 

でも、国のコロナ対策を批判していた人医者や専門家もウイルスは安全と言っており、総合的にリスクを考えれば、ワクチンを接種する方が合理的。自分はそう考えている。

 

まあ、真実は何十年先にしかわからないのだろうが…

 

ただ、そうした陰謀論を信じている人が本当に身近にいて、トランプ支持者やQアノンのことが他人事でなく思えてきた。

 

削除の風潮


f:id:keepr:20211213170154j:image

もう一つ気になるのは、You Tubeなどでこうした誤情報は削除されていること。陰謀論を信じる人にとっては逆に殉教者的な思いを強めているようだ。

 

陰謀論フェイクニュース。こうしたものをトランプ前大統領が拡散した弊害は大きいが、だからと言ってやたら削除するのもどうなのか。削除しなくても大丈夫なほど人は賢くないことは事実だが、やたら削除することにより、むしろ陰謀論などは強まるかもしれない。

 

コロナワクチン陰謀論だけでなく、最近はヘイト、誹謗中傷のおそれがあると言って、SNSの投稿などが削除されていることが多い。更にヤフーニュースのいわゆるヤフコメでは、AIが違反と判断したコメントが一定数になったときは、そうでないコメントを含めて、コメント全体を見られなくしている。明らかにこれはやり過ぎだと思う。

 

せめて、「これは虚偽の情報やヘイト、誹謗中傷に当たるおそれがあります」とのコメントをつけて掲載するのが正しいのではなかろうか。

 

ヘイトだとか誹謗中傷というものは、法律の規定がある場合でも実は受け止め方次第だ。被害者意識の大きい人に過敏になる余り、事なかれ主義で正しい批判もごちゃまぜにして、臭いものに蓋をするのはいかがなものか。無菌室にすればいいというものではないだろう。

 

声の高い、声の大きい人だけを気にすると、サイレントマジョリティーである大部分の思いとずれてしまう。

 

あの中国とは別の意味で、最近の言論統制(忖度、自主規制)とも言える風潮に、自由にものを言いにくくなった危うさを感じるのは自分だけだろうか。

 

プライバシーポリシー 免責事項