keepr’s diary(本&モノ&くらし)

ネット、読書、音楽、散歩が趣味のおじさんです。趣味、商品、暮らしの疑問、感想を思いつくまま綴ります。

【Music 私的感想】竹内まりや「人生の扉」


人生の扉

 

曲の概要

作詞作曲:竹内まりや

発売年月:2007年8月

 

感想

マリアタイトルに「人生の扉」と書こうとして「人生のビラ」と誤入力してしまった。「人生のビラ」うーんそれはそれで何か面白いが。

-------

昨晩就寝時に「Amazon Music」の「My Music」を聴いていると、竹内まりやの「人生の扉」の曲が流れてきた。いい曲だとしみじみ思った。

Amazon Music(Amazonプライム)無料体験 Amazon Music Unlimited 無料体験

 

最初この曲を聴いたときには「なんか理屈っぽく英語で偉そうな曲だな」と良さを感じなかったのだが、何度か聞くうちに好きになった。

 

特にサビの「I say ~」以下の部分は、いかにもお約束めいた歌詞ではあるものの、何かうれしい。

 

「20になるのは楽しく、30はすごい、40は愛しい、でも50も素晴らしいよ。」英語の「great」や「nice」のニュアンスがわからないので違うかもしれないが、いずれにしても肯定的。

 

「60になるのもいい、もちろん70も。80もまだまだいいよ、90過ぎまで生きるかもしれないしね。」

 

いいなあ。

 

50歳、60歳以上の人におすすめの曲だと思う。若い人が聞いても実感がないかもしれない。

 

歌詞にあるように、満開の桜をあと何度見るのだろうか。

 

「デニムの青が色あせるたびに味わいを増すように、長い旅路の果てに輝く何かが誰にでもあるさ。」

 

そう思って生きたい。

 

ミュージシャン

竹内まりや(1955年3月20日 - )は日本のミュージシャン・シンガーソングライター。島根出身。夫はシンガーソングライター、音楽プロデューサーの山下達郎。学生時代から音楽活動を始め、1979年に「戻っておいで・私の時間」でレコードデビュー。1982年山下達郎との結婚以降、作詞作曲として多くの歌手に楽曲提供。

 

「SEPTEMBER」「不思議なピーチパイ」「駅」や火曜サスペンス劇場の主題歌「シングルアゲイン」「告白」など自身もヒット曲多数。2020年には「いのちの歌」がオリコン週間シングルチャートで第1位。64歳10か月での1位獲得は歴代最年長記録。

 

  keepr.hatenablog.com

  

keepr.hatenablog.com

 

プライバシーポリシー 免責事項