keepr’s diary(本&モノ&くらし)

ネット、読書、音楽、散歩が趣味のおじさんです。趣味、商品、暮らしの疑問、感想を思いつくまま綴ります。

【Music】乃木坂46「制服のマネキン」〜全力で踊る少女たち


制服のマネキン(DVD付A)

 

お嬢さまイメージだった乃木坂46

乃木坂46の4枚目のシングル。乃木坂46AKB48の公式ライバルとして誕生し、高校野球に例えられたAKB48と対極のお嬢さま風イメージで登場した。

 

お洒落なフレンチボップス風の曲、女性アイドル定番のミニスカートでなくロングスカートのファッション。「ぐるぐるカーテン」(2012年2月)「おいでシャンプー」(2012年5月)「走れ!Bicycle」(2012年8月)の3作まではこの姿勢が継続されている。

Amazon Music(Amazonプライム)無料体験 Amazon Music Unlimited 無料体験

 

愕然としたMV

しかし第4作の「制服のマネキン」(2012年12月)ではイメージが急激に変わる。自分も最初にMVを見た時は唖然とした。これが乃木坂かと思った。

 

学校の体育館で、セーラー服を着たメンバーが、脚を開き、床に座り込んで激しいダンスをする。今までのものとは全く違うクールで激しいダンスで視線も厳しい。

 

スリートップスの生駒里奈生田絵梨花星野みなみも普段の柔和な表情ではなく、厳しい目線でそのギャップが凛々しい。特にセンターの生駒のダンスのキレは尋常ではなく(特にサビの「恋をするのはいけないことか〜」のあたりから)、なぜこの娘がセンターに抜擢されたのかわかる気がする。

Amazon Music(Amazonプライム)無料体験 Amazon Music Unlimited 無料体験

 

カッコいい女の子たち

今までのフレンチボップス調の曲から大きく変わり、マイナーのメロディにクールでアップテンポのリズムが刻まれる。可愛いのではなく「カッコいい」。見とれた。

歌詞も、これまでのお嬢さまっぽいイメージを否定するような強いメッセージになっている。

 

AKB48の「RIVER」「Beginner」や欅坂46の「サイレントマジョリティー」「不協和音」などと通じるものがあるが、セーラー服で全員が激しいダンスをするこの曲は異質。

そんなところが乃木坂46の曲の中でも、特に好きな理由だ。

 

蛇足だが、AKB48の初期の曲で「制服が邪魔をする」と言う曲があり、こちらは少女が自分の欲求には制服が邪魔になるとの設定だが、「制服のマネキン」は殻を破れない少女に彼が自分の感情に素直になれ、とけしかけるシチュエーションだ。さすがに乃木坂のイメージを壊してはいない。

 

ちなみに乃木坂46の次の第5作目のシングル「君の名は希望」も本作と似たセーラー服調の衣装で歌っているが、内容はしっとりとした名曲で、その変化がうまいと思う。

 

制服のマネキン」も現在は公式チャネルではショートバージョンのMVしか視聴できず残念だが、見たことのない人は一度見て欲しい。きっと驚きます。

 

Amazon Music Unlimitedで聴きながら

 

Amazonプライム会員(無料体験)はこちら ⇦ 様々な特典とAmazon Music 250万曲が聴き放題 
Amazon Music Unlimited(無料体験)はこちら ⇦ Amazon Music 6,500万曲以上が聴き放題   

 

 

keepr.hatenablog.com

 

 

 

 

プライバシーポリシー 免責事項