keepr’s diary(本&モノ&くらし)

ネット、読書、音楽、散歩が趣味のおじさんです。趣味、商品、暮らしの疑問、感想を思いつくまま綴ります。

【本の感想】若竹七海「古書店アゼリアの死体」


f:id:keepr:20190920183859j:image
若竹七海さんの作品。女探偵シリーズが好きなのですが、すべて読んだので、他のシリーズでも面白そうな作品をと以前購入し、2度目の読書です。

1度目の印象として、やはり女探偵シリーズの方がいいな、ライトノベルで深みがない、何かドタバタしているとの印象で、やや評価はよくありませんでした。
しかし、再読するとそんなことはなく、なかなか面白い、味わいある作品だと気づきました。

ネタばれ注意ですが、個人的にはエンディングで、駒持警部補が紅子さんとの話を終え古本屋から出ていく場面で終わっていた方が余韻があり良かったのかなとは思います。
(ある意味、この作品の主人公はこの二人だったのかもしれません。)
そのあとの隠された二つの真実については、罰せられることもなく、悪意があるので、読後にやや不満、不快感が残ります。
最初に読んだ時にやや印象が良くなかったのはそのせいだったのかもしれません。

最後に、若竹さんの作品全般に言えますが、ストーリーがかなり込み入っているので、時間を置いて読み直してみると、内容がよくわかります。再読に耐える作品でもあり、そうすることをお勧めします。


古書店アゼリアの死体 葉崎市シリーズ (光文社文庫)

おすすめ!
kindle 200万冊以上が読み放題。

30日の無料体験で、どんな本が読めるか試せます。月額料金980円、いつでもキャンセル可能

プライバシーポリシー 免責事項