keepr’s diary(本&モノ&くらし)

ネット、読書、音楽、散歩が趣味のおじさんです。趣味、商品、暮らしの疑問、感想を思いつくまま綴ります。

【本の感想】秋 芥川龍之介

全集の中から、芥川中期の作品で「秋」。

姉妹と従兄弟の間の細やかな愛憎をえがいた作品。

大阪の松林の庭の寂しい秋の様子。大正時代の多摩か武蔵野あたりの風景。

不快ではない寂寥感が心に残る小品です。
f:id:keepr:20190818163418j:image


『芥川龍之介全集・378作品⇒1冊』

おすすめ!
kindle 200万冊以上が読み放題。

30日の無料体験で、どんな本が読めるか試せます。月額料金980円、いつでもキャンセル可能

プライバシーポリシー 免責事項