keepr’s diary(本&モノ&くらし)

ネット、読書、音楽、散歩が趣味のおじさんです。趣味、商品、暮らしの疑問、感想を思いつくまま綴ります。

2019-08-18から1日間の記事一覧

【本の感想】秋 芥川龍之介

全集の中から、芥川中期の作品で「秋」。 姉妹と従兄弟の間の細やかな愛憎をえがいた作品。 大阪の松林の庭の寂しい秋の様子。大正時代の多摩か武蔵野あたりの風景。 不快ではない寂寥感が心に残る小品です。 『芥川龍之介全集・378作品⇒1冊』 おすすめ! ki…

【本の感想】贖い 五十嵐 貴久

最近読み返しました。改めて五つ星評価しました。 3つの別々の事件が一つにつながったときの高揚感、心地よさがなんとも言えません。 五十嵐氏の作品の中では、事件や捜査はむしろ地味なほうですが、最近読んだミステリーの中では、白眉の作品です。 贖い

プライバシーポリシー 免責事項